採用情報 業務について

業務の流れ

  • 01 入職後、1ヶ月間の流れ

    入社手続き等を行います。業務に必要な備品や社内インフラシステム関連、社会人マナーやコンプライアンス、訪問看護の基本、制度などの研修を4~5日間本社にて行います。

  • 02 入職後、半年間の流れ

    入職後、個々のペースや経験に合わせて無理なく1ヶ月の訪問件数をふやせるようサポート体制を整えています!

    入職後、半年間の流れ
  • 03 一日の流れ

    お昼休憩は、訪問の合間に自由なタイミングでとることができる環境です!

    訪問業務後、拠点内会議や症例検討会、勉強会等を拠点内外で定期的に実施しています!

    一日の流れ

多職種連携について

多職種連携による包括的なサービスを
ご提供いたします!

多職種連携による包括的なサービスをご提供いたします!

ご利用者様の分布

ガイアのご利用者様主疾患データ
および年齢分布のデータになります。

  • 主疾患の状況(ICD10 国際疾病分類より)

    主疾患の状況
  • ご年齢分布

    ご年齢分布

インタビュー/Q&A

  • 訪問件数はどの程度でしょうか
    1日に5~6件を訪問されるスタッフが標準的イメージです。詳しくは就職説明会や面接時にご確認下さい。
  • 訪問時の移動手段は何でしょうか
    東京都内は、電動アシスト付自転車を使用していただきます。
    神奈川県では、電動アシスト付自転車、自動車、または、バイクを使用していただきます。移動距離によっては、電車・バスなどの公共交通機関を使用していただく場合もあります。
  • 訪問時の服装はどのようになりますか
    ユニフォームとして上衣を貸与させていただいております。各拠点にクリーニングの集配が参ります。
  • 血圧計や聴診器は自分で用意するのでしょうか
    訪問に必要なものは、ひととおり会社で準備して貸与させていただいております。聴診器は、ご自身が使い慣れたものを使用される方もいらっしゃいます。
  • 体調不良で急にお休みする場合はどのようになるのでしょうか
    日を改めて訪問していただくことが原則です。また、代行訪問が可能なご利用さまに関しては、他のスタッフとのスケジュール調整のうえ代行訪問を行います。

効率化への取り組み

  • 電子カルテ

    電子カルテが導入されたことで、必要な情報を素早く収集出来るようになり、職員間での情報連携がスムーズに行えるようになりました。
    記録や書類作成も隙間時間で可能となり、紙媒体と比較して事務作業を効率的に行うことが出来ます。

    電子カルテ
  • スマートフォン・タブレットの完全貸与

    訪問看護業務では、携わる様々な方々との連携がとても重要となります。ガイアでは、全訪問スタッフに1人1台のスマートフォンに加えてタブレットを貸与しております。
    私用携帯端末の利用を完全に禁止し、患者様の情報管理が徹底される体制を整えております。

    スマートフォン・タブレットの完全貸与
  • 離れていても”ポータルサイト”で情報共有や連携作業を円滑に

    ガイアでは離れた勤務地であっても組織内で情報共有を迅速にできるよう、インターネット上でグループウェアを利用しています。
    オンライン上で、スケジュール管理やToDoリスト、電子メール、チャットツールを利用することができます。
    社員のみが活用できるオンラインツールとなりセキュリティ管理も万全の体制を整えています。
    また業務の効率化を目指して、多くの情報を集約する社内ポータルサイトを運用しています。

    離れていても”ポータルサイト”で情報共有や連携作業を円滑に
  • テレビ会議システムを利用した会議や研修

    ガイアではテレビ会議システムを積極的に活用しています。
    フォローアップ研修や会議の際、遠く離れた拠点のスタッフが皆一同に参加することが可能になりました。
    デバイスはパソコン、携帯、タブレットから見ることができ、参加方法も主催者からメールで送られてくるURLをクリックするだけ。簡単に参加することができ、お互いの表情を見ながら参加者同士で意見交換をしたり、主催者に質問をすることを実現しています。

    テレビ会議システムを利用した会議や研修

採用情報