採用情報 社員インタビュー

訪問看護で
私たちと働きませんか?

頼れる上司や同僚がいるため
安心して訪問することが出来ています。

安心してご自宅での生活が送れるように支援したい
私は大学病院での勤務を経て訪問看護の世界に挑戦しました。
入院中の患者様から「早く自宅に帰りたいけれど不安がたくさんある。」と言われることが多く、安心してご自宅での生活が送れるように支援したいという思いから訪問看護師を希望しました。
実際にご自宅で生活をしている利用者様やそのご家族と接してみると、自由でご本人らしい生活を送れる一方、身体状況の変化に戸惑いや不安を抱えながら生活をしている現状を目の当たりにしました。
「来てくれると安心する。」
このお言葉がとても嬉しくやりがいを感じています
退院後も続く不安に寄り添い、一緒に考え、安心して生活ができるように支援することは難しく日々奮闘中ですが、 1 人 1 人と向き合う時間がとれ、「来てくれると安心する。」というお言葉がとても嬉しくやりがいを感じています。
病院では高い専門性を求められましたが、訪問看護は様々な疾患を抱えた方を包括的に看る必要があり、オールマイティさを求められます。
判断に迷うこともあり、頭はいつも“フル回転”です。
そんな時頼れる上司や同僚がいるため安心して訪問することが出来ています。
看護師 港事業所
看護師 港事業所

「住み慣れた我が家で最期を迎えられてよかった」
その言葉に何度も救われました。

在宅医療は病院と同様、“チーム医療”
皆さんは在宅の現場にどんなイメージをお持ちでしょうか。
私自身、訪問看護に対して、閉鎖的で、一人でケアを行わなくてはならないという不安感が強くありました。
しかし、実際に入社してみると、そのイメージは180度変わりました。
一人のご利用者様に対し様々な職種が関わり、病棟と同様、“チーム医療”であると実感しました。
訪問看護の楽しさ、やりがいを感じています。
これまでお看取りに携わらせて頂いた中でも、「住み慣れた我が家で最期を迎えられてよかった。」ご利用者様・ご家族様の言葉に何度も救われました。
ご利用者様・ご家族様を主体に関係各所が意見を交えながら、どう行動に移していくのか、日々自問自答していくことが私自身にとって多くのやりがいになっていると感じております。
入院環境とは違い、在宅には“生活の自由”があります。その中で、望む事、守らねばならない事に折り合いを付けながら、療養環境を整えていくことが重要です。
勿論、訪問看護には大変な面もありますが、ご利用者様の希望や気持ちに寄り添いながらオーダーメイドの環境を整えてあげられること、そこに訪問看護の楽しさ、やりがいを感じています。
看護師 中堅 管理職
看護師 中堅 管理職

育児と仕事の両立を目指す方々に
おすすめできる職場だと思います。

2時間から使える有給休暇や育児短時間勤務制度を利用し、
生活のリズムに合わせて働くことができとても助かっています。
職場にママさん、パパさんが多くいるので、子育てや妊娠中の理解も得やすく、悩みを共感してもらえ、安心して働くことができました。
子供の体調不良や保育園からのお迎えで、急なお休みをいただく際も、上司や同僚が代行訪問を行ってくれました。
また、2時間から使える有給休暇や育児短時間勤務制度(入社後1年後から適用)を利用し、生活リズムに合わせて働くことができとても助かっています。
初めての育児で仕事との両立ができるか不安がありましたが、上司、同僚の支えがあり、子どもとのふれあい、家族との時間を大切にしながら働くことができています。
ガイアメディケアは、育児と仕事の両立を目指しているママさんパパさんにおすすめできる職場だと思います。
訪問看護では、“人生に寄り添う看護”が必要だと感じています。 
私は大学病院での病棟勤務を経て訪問看護に転職しました。
病棟では夜勤や土日の勤務、残業が多く、育児との両立が難しいと感じていました。
また、看護師としてより深く一人ひとりの患者様に関わっていきたいという想いもあり、訪問看護に転職を決めました。
訪問看護では、利用者様の疾患やケアだけでなく、ご家族や生活環境も含め、その方の“人生に寄り添う看護”が必要だと感じています。
主治医やご家族に相談できないことでも、「あなたになら話せる」、「顔を見れると安心する」といった身近な存在でいれることに病院とは違う看護師としてのやりがいを感じています。
自分の知識や判断が求められることも多いですが、チームで協力し合い、ご自宅でのより良い生活を送っていただけるように関わっていきたいと思います。
看護師 杉並和泉サテライト
看護師 杉並和泉サテライト

訪問看護は不安や大変さをかき消すくらいの楽しさ、
やりがいのある仕事だと思っています。

自分がやりたいことは訪問看護で働くことではないか、
地域で働いてみようと決意し転職に至りました。
私は回復期リハビリ病院で数年勤務をし、訪問看護未経験で入職しました。
病院から自宅退院される方々と関わらせていただく中で、患者様が自宅に戻られたあとどのように過ごしているのか、困っていることはないか、入院中のリハビリで足りないところはなかったのか、知りたい、支援したいという想いが年々強くなり、自分がやりたいことは訪問看護で働くことではないか、地域で働いてみようと決意し転職に至りました。
依存させてしまうのではなく心の支えとなり、
自立心が芽生えるように関わることを意識しています。
訪問看護の現場では、利用様から「あなただから話せる」という言葉を頂けたり、「家族にも話せていないこと」を聞かせて頂けることもあります。
その方の本音や真に実現したいことは何か、在宅でどのように過ごしていきたいのかを共有・共感すること、信頼関係を築くことをとても大切にしています。
依存させてしまうのではなく心の支えとなり、自立心が芽生えるように関わることを意識しています。
訪問看護では難病を患われている方も多く、長期に渡るリハビリテーションを必要としている方も大勢いらっしゃいます。
病院勤務のときよりも長く利用者様に関わることもあり、病院とは異なる視点や専門性が求められます。
利用者様の在宅療養を支援していく中で、「病状を悪化させない」という責任感も強くなりました。
業務中に不安を感じることもありますが、訪問看護では主治医やケアマネジャー等多様な職種との連携、サポートがあります。
不安や大変さをかき消すくらいの楽しさややりがいのある仕事だと思っています。
作業療法士 大泉学園サテライト
作業療法士 大泉学園サテライト

採用情報